HOME民生委員児童委員とは活動紹介県民児協とは問い合わせ先・リンク集委員のページ
HOME > 県民児協とは

地区・市町村・県民児協の成り立ちと役割

ya_blue.gif 神奈川県民生委員児童委員協議会の位置づけ

地区民児協(法定:※1)→ 市町村民児協 → 都道府県民児協 → 全民児連

※1「民生委員法」第20条に、「民生委員は、都道府県知事が市町村長の意見を聴いて定める区域ごとに、民生委員協議会を組織しなければならない」とあります。市町村域・都道府県域・全国の民児協組織の設置は任意です。

  

ya_blue.gif 神奈川県民生委員児童委員協議会の設立

昭和44(1969)年6月19日 (平成21年で40周年)
民生委員制度創設50周年を機に、県下民生委員児童委員2,664名が団結し、「神奈川県民生委員児童委員協議会」を設立(全国で38番目)

 

ya_blue.gif 神奈川県民生委員児童委員協議会は何をする組織?

県域の社会福祉の発展向上のために、会員のための事業を行います。

会員とは、神奈川県域(政令市を除く)の民生委員児童委員です。

任意で設置される組織ですが、県域の民生委員児童委員の全員が参加し、団結することにより発言力を強め、民児協組織の役割(※2)のひとつである意見具申が効果的に行えるのです。

※2「民生委員法」第24条 〔民生委員協議会の任務〕第2項に、「民生委員協議会は、民生委員の職務に関して必要と認める意見を関係各庁に具申することができる」とあります

***************************************************************

神奈川県民生委員児童委員協議会会則

(目 的)
第3条 本会は、会員の資質向上、相互の連絡提携、及び親睦をはかるとともに民間の奉仕者としての活動を強化し、社会福祉の発展向上に努めることを目的とする。

(事 業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1)民生委員児童委員の職務を遂行するに必要な各種調査、研究、研修会等の開催
(2)会員の互助及び親睦
(3)神奈川県社会福祉協議会との有機的連携と協力
(4)関係機関との連絡及び連携
(5)その他目的達成のために必要な事業

***************************************************************

ya_blue.gif 神奈川県民生委員児童委員協議会の組織

 組織図.jpg

県民児協事業計画
活動概要
相談するには
事務局
神奈川県社会福祉協議会
地域福祉推進部内
045-311-1427045-311-1427
(ダイヤルイン)
受付時間 9:00~17:00
045-314-3472045-314-3472
kmjk@knsyk.jpkmjk@knsyk.jp
〒221-0844
横浜市神奈川区沢渡4-2
神奈川県社会福祉会館3階
Copyrightc Kanagawaken-syakaifukushikyougikai., 1999. All Rights Reserved.